本文へスキップ

BP トランスポート(総合軽貨物運送のご相談はお任せ下さい)  →荷主様はこちらへ

  1. HOME
  2.  > 
  3. 時代の追い風をキャッチする軽貨物運送

時代の追い風をキャッチする軽貨物運送

日々の業務を漫然とこなすだけの人生に、何だか物足りなさを感じている人。 もっと自分がイキイキと働ける場が、どこか別の所にある予感がしている人。 …軽貨物運送は、普通運転免許さえ持っていれば、未経験からキャリアスタートできる注目の業界です。 大きな重い荷物は扱わず、近距離圏内で勤務時間も希望のシフトに調整できるので、女性でも安心して参入できます。 がんばった分はきちんと報酬が得られる歩合制は、自分らしく働くためのワークライフバランスの実現に役立ちますし、 将来の独立を視野に入れた業務ノウハウを働きながら学べるのも大きなメリットと言えるでしょう。 ネット通販の隆盛に伴って、今後ニーズが高まる一方の軽貨物運送業界は、まさに無限のチャンスと可能性に満ちています。

自分らしい仕事をして誰かから感謝される職業って魅力的ですよね。運送業もそんな素敵な職業で、軽貨物運送というものもあります。これだと重いものを持つことも比較的少ないでしょう。

...続きを読む

ワークライフバランスという言葉が聞かれるようになりましたが、それを実践できる職場は少ないです。ただ軽貨物運送業のなかにはそれが可能なところがあり、充実した日々が送れます。

...続きを読む

軽貨物運送業は成熟している業種ですが、今もまだ成長している将来性溢れる業界です。仕事のやり方次第ではたくさんの報酬が得られるので、独立開業も夢ではないでしょう。

...続きを読む

運送業のトラックドライバーの適性は安全運転、挨拶や礼儀の基本、責任感の3点です。何の仕事においても全て基本なので「真面目に取り組めば誰にでも適性がある」と言えます。

...続きを読む

トラックを人間の身体に置き換えると、ドライバーは頭脳にあたります。頭脳が健康でないとトラックは万全の状態で走れません。腰痛や睡眠不足にならないためにも自己管理は大切です。

...続きを読む

高齢社会では、高齢者のライフスタイルも変化して利便性が高いサービスが求められています。ネットスーパーや買い物の配達サービスにはフットワークの軽い軽貨物運送業が利用されています。

...続きを読む

運送業といえば男性の職業のイメージですが最近では女性ドライバーも急増。時間の融通が利きやすい、しっかり稼げるという点が人気の理由。軽貨物運送業なら運転に自信のない女性も安心です。

...続きを読む

犬や猫などのペットはお客さまの大切な家族の一員。ペットを動物病院まで連れて行きたいが交通機関が利用できない、ペットを連れて引っ越したいなどの要望にお応えするのがペット専用輸送です。

...続きを読む

ルート配送とはあらかじめ決められたルートに従って商品を配送する業務のこと。不在が多い宅配と比べると、業務が単純で安定した収入が見込めるため運送業未経験者でも安心して従事できます。

...続きを読む

運送業の中でも比較的はじめやすいのが軽貨物運送業でしょう。通販サイトがスピード配送にこだわっていることもあって、これからはよりスピードが重要視されることは疑いようがありません。

...続きを読む

定年退職をしてシニア期に入ると、仕事をしていた頃に比べて老化が進んでしまいがちです。それを予防する意味でも軽貨物業者として独立し、元気に仕事をし続けるのも良いでしょう。

...続きを読む

運送ドライバーというとハードルが少し高く感じるかもしれませんが、軽貨物運送業のドライバーだと、比較的簡単です。活躍のフィールドも決めやすいので、働きやすいです。

...続きを読む

スポット・チャーター便は、輸送業の中でも小回りのきく軽貨物輸送ならではのサービスといえます。大型トラックでは大きすぎるときや目的地前の道幅が狭い時に特に活躍することでしょう。

...続きを読む

軽貨物輸送業では一般家庭への宅配よりも法人向けの輸送の方がメリットが多いとされています。その理由に、不在になりにくい、土日が休めるなどと言った点が挙げられます。

...続きを読む

軽貨物運送業で使用されている車両には意外と多くの荷物を積むことができます。それだけではなく、目の行き届く軽貨物輸送なら壊れやすい電化製品や生き物の輸送も可能となります。

...続きを読む

やはり今のご時世ですから、今後も伸びていく可能性が高いニーズ溢れる業界で働きたいものです。例えば家庭向けの軽貨物運送であれば自分のペースで働きやすくおすすめです。

...続きを読む

軽貨物運送業において個人事業主として独立をする人は多いです。車があれば配達できるという強みもありますし、今ニーズが増しています。ですが独立するわけなのでリスクもあります。

...続きを読む

一家そろっての引越しは軽貨物輸送車ではできませんが、単身者向けの引っ越し便であれば問題なく行えるはずです。軽貨物運送の仕事と引越しの両方を兼ねるのもおすすめでしょう。

...続きを読む

車両数が増加する一方で輸送人員が減少し続けているタクシー業界は、安月給で過酷な労働を強いられています。国はタクシー減車法を制定しましたが、対象・対象外にかかわらず不安が残ります。

...続きを読む

タクシー需要減によって運転手の労働環境が悪化している上、強盗などの可能性も否定できないことから若い世代の雇用も少ないのが現状です。運送業の中では、軽貨物輸送の需要は伸びています。

...続きを読む

タクシードライバーからの転職なら軽貨物輸送がおすすめです。どちらも同じ運送業であり、タクシーで培ったドライビングテクニックと土地勘は十分に活かすことができるでしょう。

...続きを読む

軽貨物運送のドライバーも、長距離ドライバーと同じように眠気に襲われる瞬間はあります。仮眠を取ることが最も良い解決方法ですが、時間がないときはあらゆる対策を行って安全に努めましょう。

...続きを読む

軽貨物運送はドライバーが増加しているにもかかわらず需要が多いために人手不足となっています。長距離運送業のようなデメリットもなく、将来性抜群な仕事と言えるでしょう。

...続きを読む

自営業は会社員と時間が合わず、相談できる人も周りにいないことも多いため、疎外感は心構えておきましょう。軽貨物運送業で独立をすると相談できる相手がいるため安心です。

...続きを読む

貨物輸送業許可は軽貨物ドライバーとして運送業で働くには必要な許可です。転職して経験を積み、必要な書類と条件をそろえて申請し許可を取得すれば、支店出店など事業主となることもできます。

...続きを読む

貨物利用運送事業は通称「水屋」と呼ばれており、運送業の需要増も影響して事業者の数は増えています。仕事内容は荷物の集荷と配達で、働き方次第で収入アップが見込めます。

...続きを読む

平成25年に、運送業の運輸事業者に対する行政処分の基準が改正されました。そのポイントは2つあり、悪質で重大な違反への厳罰化と優良業者への処分を軽くすることです。

...続きを読む

運送業に携わっている人は世の中に大勢いますが、運転者各人の性格は当然ながら様々です。それで安全な運転を続けるために運転適性診断を受けることが義務化されてきました。

...続きを読む

運送業では運転のテクニックというよりも、運転適性のほうが重視されます。運転中の注意力の高さやスピードに対する自制心など運送業に向いているかどうかの適性診断を受けることも重要です。

...続きを読む

運送業者にとって新たなビジネスの展開は大切です。荷主に物流の様々な側面を外部委託する3PLという形態が注目を集めています。今後の運送業者が知っておきたい可能性の一つです。

...続きを読む

軽貨物運送業は人気のあるお仕事ですが、理由としては運転免許と軽自動車があれば始められるからです。ビギナー向きの車種などがありますからそこは注意して選ぶようにしましょう。

...続きを読む

軽貨物運送業のドライバーこそ顧客対応マナーの重要性を知るべきです。ドライバーの言葉遣いや身だしなみ一つで会社の信頼度が変わってきますからそこを理解しておく必要があります。

...続きを読む

運送業で起こりがちなトラブルとして誤配・遅配が挙げられます。起きないようにしっかりと確認する必要がありますが、いざ起きてしまったら迅速な対応をしなくてはなりません。

...続きを読む

電話でのお問い合わせは